武並、中津川、馬篭、野菜だけのレストラン

  • 2015.11.08 Sunday
  • 23:50
ハロウィンイベントの真っ最中の10月30日、岐阜県恵那市にこの春オープンしたばかりのこだわりのレストランへ、古い友人たちみんなで行ってきました。友人のご子息とお嫁さんと二人で始めた、その名も「ヤマゴヤyama5ya」という山の中のさらに畑の中の本物の丸太小屋のレストランです。
名古屋から車で1時間ちょっと、JR中央線で行くと1時間ほどで、恵那と中津川の間にある「武並」という駅に着きます。そこからはタクシーを利用します。
 
 

 駐車場からレストランへのアプローチ、その間に畑もあって自家製の野菜をいろいろ作っています。




レストラン全景とカウンターのあるエントランス。寒くない季節ならここでお茶するのも気持ちよさそうですよ。
      
お料理はすべて野菜と植物性素材だけで作っているそうですが、野菜だけとは思えないほどおいしかったです。野菜のテリーヌやパテなど、どれも素材の味が活かされていました。特にニンジンのフライがとても気に入りました。甘くてやわらかくて、それでいてパキっと立って盛りつけられているのです。食感が絶妙です。
前菜の盛り合わせ 
左奥に立っているのがニンジンフライです。


        もう一皿の前菜          
 
    さつまいもと洋ナシのスープと自家菜園の新鮮野菜サラダ         
   
    もちもちパスタとデザート盛り合わせ           
   
 野菜だけというと軽いお食事と思われるかもしれませんが、満腹感も充分です。この写真の料理はたぶんちょっと特別かもしれません。通常ランチはワンプレート盛りとランチコースがあります。
今のところランチとカフェタイムの営業だそうですが、人数がそろえばディナーにも対応してくださるそうです。詳しくはお店にお問い合わせください。0573-28-2092

 せっかくここまで来たのだからと、東京や大阪から来た人たちと、その夜は中津川に出て温泉に泊まり、翌日、馬篭は初めてというので、久しぶりに馬篭を散策してきました。あの起伏の多い石畳の道は歩きにくいですね。
 藤村記念館と東山魁夷展を観て、恵盛庵でお蕎麦を食べました。お昼を少し早めに入ったのが良かったのか、私たちのすぐ後からは行列ができていました。
 帰る途中にCBCテレビのロケに出会いました。おなじみのハリセンボンの二人が馬篭の紹介をしているようでした。超ズームで撮った写真をアップしておきます。
この時期の紅葉はまだまだでした。それより、道端でアジサイが秋色の赤茶けた花と夏の青紫色の花をつけ、山百合が咲き、マツバボタンが咲いている傍らで、秋の山茶花が花をいっぱいつけているという不思議な光景を見ました。
念のためと持って行った薄手のコートが役立ったほど、午後になってからは寒かったです。

あれから冷え込んだ日もあったので、馬篭の紅葉は今は進んでいることでしょう。

 

イカの一夜干し

  • 2015.10.19 Monday
  • 00:01
キッチンばさみでイカをさばいて、一夜干しを作りました。別に干さなくてもそのまま焼いてもおいしいのですが、ちょっと干してみると水分が抜けて、味が凝縮した分さらにおいしくなります。干し過ぎるとかたくなってしまいますので、生干しくらいがちょうどよいようです。10月1週目のメニューに入っていましたが、写真に撮るのを忘れてしまいましたので、ここに載せておきます。



グリルで焼くと丸まってしまうので、串を打って焼くといいですよ。


レシピは七味マヨネーズでしたが、ここでは渋く(?)柚子ごしょうを添えました。

 

9月の総合科「作りました!」メールから

  • 2015.10.10 Saturday
  • 00:46
クックのクラスは2つあって実習しながら学ぶ初心者からの総合科と、もう教室で一から作らなくても、詳しいレシピがあって、目の前で料理ができるところを見学すれば、わかっていただける経験者向けの研究科があります。
時々、「作りました!」というメールを送ってくださいます。これはとてもうれしいものです。
9月の総合科の生徒さんからの「作りました!」メールは次の通りです。

海老クリームコロッケ・フレッシュトマトソース(頑張りましたね、と返信しました。教室ではコロッケよりソースの方が人気で想定外でした。)
3種キノコのリゾット(これは簡単でしたから、作りやすかったでしょうね。)
ティラミス(明治乳業さんのおかげで十勝フレッシュ100の生クリームが頂けたからでしょうか。おいしくできたそうです。)
チンゲン菜とハムのクリーム煮(メインばかりでなく簡単にできる副菜も多く作るのがクックです。)
麻婆春雨(クックのはゾロゾロしないサラサラバージョンです。勝手に桃花林風と呼んでいます。ずいぶん昔にホテル・オークラでいただいた味をまねて作りましたので。)
和風ジューシーハンバーグ(家庭料理の定番ハンバーグはいろいろ作りますが、今月は和風で。)
さんまの甘酢あん(旬のさんまの扱いに慣れて頂くために続けて実習します。先回は三枚おろしで苦戦しました。今回はぶつ切りで気楽でしたね。)
里芋の煮っ転がし(里芋はまさに今が旬、手がかゆくならない皮のむき方からでしたね。)
栗ごはん(教室では栗おこわでしたが、もち米が無かったので栗ごはんにされたとか。これも皮のむき方がポイントでした。)
スイートポテト(2バージョンありましたが、超やわらかスイートポテトの方でした。)

おうちで作って欲しい料理と、実際に生徒さんが作られる料理は違うこともありますが、まずは何でもいいので作ってみてください。それが料理上手への道です。なるべくシンプルに作れるようにレシピも日々改良しています。
 

昆布だしと昆布ごはん

  • 2015.10.04 Sunday
  • 03:20
ダシをとった後の昆布はどうされますか?捨ててはもったいないですよね。
以前はその都度ファスナー付きのポリ袋に入れ、冷凍室に溜めておいて、ある程度溜まったら薄味の佃煮を煮たりしていました。和食が続くとずいぶんの量が溜まって、冷凍室の昆布袋がパンパンになっていたりします。そこで最近は溜めておかないで、ごはんに入れて炊いてしまいます。
先週は総合科でごま豆腐を作りました。水で作ってもできますが、今回は昆布を一晩水に漬けておいた、水出しの昆布だしで作りました。残った昆布は細かく切って、お米と分量の水を入れたあとに加えて炊飯器で一緒に炊きました。味はつけません。白いごはんと同じ感覚で食べます。和食は世界に誇る健康食だと思っていますが、どうしても塩分が多くなりがちなのが欠点です。おかずが充分あるときは、主食のごはんに味は無くても大丈夫です。生徒さんにも好評でした。

9月出席者全員に明治の生クリーム3パック進呈

  • 2015.09.07 Monday
  • 17:32
9月ご出席の方全員に、明治乳業の新パッケージ生クリームを、なんとおひとり3パックも頂けることになりました。
 明治乳業蠅気鵑新製品の周知拡大のために、料理に関心の高い、料理教室に通っている生徒さん向けにしてくださるサービスです。
すでにスーパーの店頭でご覧になっているかもしれませんが、明治北海道十勝フレッシュ100、乳脂肪40%、200ml入りの商品です。

スイーツだけでなく、パスタ、シチュー、クリーム煮、ソースなどにコクとウマミをアップしてくれる、優れた食材です。
従来の200mlの生クリームは紙パック入りで、口が開きにくかったり、口部分にクリームが残って固まり衛生的ではありませんでした。これはキャップの開け閉めで出来るので、注ぎやすく衛生的です。しかも3パックも!明治さんも太っ腹ですね。一つはご自宅用に、2つはお知り合いに配ってくださいとのことです。よろしくお願いいたします。

以前、サントリーさんのノンアルコールのビールをおひとり2缶ずついただいたことがありましたね。この時も生徒さんには大変喜んでいただきました。
お持ち帰りの際の保冷剤と保冷バックも付いていますので、どうぞご心配なく、お楽しみにおいでください。
 

自衛隊とコラボでどて煮の炊き出し

  • 2015.08.23 Sunday
  • 22:01
 8月15日、運動公園で恒例のわんさか祭りが行われました。酷暑の今年は暑かったですね。
刈谷商工会議所による「災害時を想定した陸上自衛隊とのどて煮の炊き出し」が行われ、2000人分のどて煮が無料でふるまわれました。私がこのどて煮のレシピを作ったのは4年前で、それを基にして毎年、中王食肉株式会社さんが製造してくださっています。今年も大盛況のうちに無事終了しました。
お一人ずつの盛りを多くして、大サービスしてしまいましたので、早めに終了してしまいました。      

 この大鍋がいくつ分も、次々と空になっていきました。

那須の別荘

  • 2015.08.16 Sunday
  • 23:20
お盆休みが始まる少し前、猛暑の中、友人の招待で那須にある彼女の別荘へ避暑に行ってきました。那須の御用邸の近くでとても涼しくて別天地でした。朝晩は23℃前後、昼間でも30℃は超えない快適さ!もちろんエアコンなんて無いし、いらないとか。でも大きな暖炉がありました。冬はとても寒いそうです。女友達4人で久々の楽しい女子会4日間。

   
うっそうとした雑木林に埋もれたようなたたずまいです。
朝は猿の親子がベランダの屋根にドンと飛び移る音、ドタドタと走り回る音で目覚め、朝食は毎朝このベランダで。
毎朝食べて飽きなかったのは、トマトをミキサーにかけた100%トマトジュース、生トウモロコシの粒を切り取ってバターで炒めたもの。ペンション、エルハレオのマダムが宿泊客のために焼いている、バターを練りこんだパンでした。現在はこのパンは一般には販売されていないそうです。食後も陽が高くなるまでおしゃべりは止まりません。
  
朝食やランチのパンはこのお店でも買いました。ペニーレイン、行列ができる繁盛店でした。木漏れ日の下、広い敷地にテーブルが置かれ、ペット連れOKの素敵なカフェです。

近くに大丸温泉という秘湯があるということで行ってきました。敷地内を流れる谷川が温泉です。川幅は広くなくて、岩がゴツゴツと出ていて、間からほとばしる水がすでにお湯です。川幅が狭い上流が女性専用の川?で、広めの混浴の川?もあります。旅館の貸しバスタオルを体に巻いて入れるから大丈夫です。












 これは「遊行柳」(ゆぎょうやなぎ)という史跡というか、歌枕です。田んぼの真ん中に突如現れる、古い大きな柳です。ここを目指さなければ通り過ぎてしまいそうな場所です。
「遊行柳」は西行が奥州下向の際にここで歌を詠んだことと、朽木の柳の精が遊行上人の回向によって成仏できたといういわれを語る謡曲のひとつだそうです。後に、奥の細道紀行中の芭蕉も訪れ、「田一枚植えて立ち去る柳かな」と詠みました。さらに蕪村も訪れているそうです。
私たちがわざわざここを探していったのは、今回のメンバーの一人が長く能のお稽古をしていて、次の発表会でこの「遊行柳」を舞うことになっているというので、それならばと皆で訪れたのです。







 雲厳寺という禅宗の名刹です。樹齢550年の杉の巨木がある、パワースポットです。急で長い階段がちょっときつかったですが、赤い欄干とみずみずしい緑の対比が美しい!芭蕉もここで、「啄木(キツツキ)も庵は破らず夏木立」と詠んでいます。

基本は自炊で、お出かけ時もおにぎりとお茶を持って行くというつつましやかな休暇でしたが、たまには外でお食事でもと、イタリアンレストラン「ジョイア・ミーア」に行きました。
もちろん予約しましたが、15分遅れたら予約取り消しと言われてしまうほど人気のお店でした。量も十分、お値段もリーズナブルで、なるほどファミリーに人気なのでした。

このほかに「平成の森」、ここは御用邸の土地のほぼ半分を宮内庁から環境省に移管されたもので、広大な原生の雑木林でガイドがつかなければ帰って来られないような深い森でした。開園は2011年5月。
那須は車が無ければどうにもならないところですが、東京から自家用車で来てくれたメンバーに毎日運転をお願いして、ナビを頼りにしているつもりがなぜか迷って、迷いながらもなんとかあちこち巡ることができました。大感謝!
夏休み中でシーズン真っ盛りでしたが、別荘のオーナー曰く、福島の震災以降人出がめっきり減ってしまったとか、4年たった今でも、影響が及んでいると感じました。4日間大変お世話になり、ありがとうございました。





 

野菜を食べよう!

  • 2015.08.13 Thursday
  • 12:49
刈谷市全戸に配られる、「かりや市民だより」の2015年8月1日号には「野菜を食べよう」という特集が載っています。愛知県は野菜摂取量全国最下位ということで、特集が組まれたのです。みなさんもっと野菜を食べましょう!
この中で野菜料理レシピ3品を載せていただきました。ご参考までに紹介させていただきます。

「洋風太切りキンピラ」夏野菜とごぼうに厚切りベーコンが味を深めています。


「夏野菜と貝柱缶のくずあんかけ」冬瓜の食感とプチトマトの酸味がさわやかです。


「ナスの焼きサラダ」さっぱりとした和風味で食がすすみます。
詳しいレシピは かりや市民だより27年8月1日号  の特集「野菜を食べよう」をご参照ください。
 

ヘルシンキのレストラン[KOSMOS]の絵は尾張徳川家の犬張子にそっくり!

  • 2015.07.30 Thursday
  • 22:45

東京五輪のエンブレムのデザインが話題になっていますが、それで思い出したことがあります。

昨年10月にヘルシンキに旅行した時に、フィンランド料理の「KOSMOS」というレストランに行きました。
地元の人で賑わう、いい雰囲気のお店でした。
店内壁に大きな絵があって、それを見たとき、どこかで見たことがあるような気がしました。
すぐに、徳川美術館で展示されたことがある犬張子だと気づきました。
これは江戸時代のもので、尾張徳川家の菩提寺・建中寺に伝えられたものだそうです。一対になっています。
私はこの形、模様のデザイン、色使いなどすべて気に入っていて好きなので、覚えていたのです。

メニューにも印刷してあったので、写真を撮ってきました。残念ながら実際の壁の絵は撮り忘れてしまいました。同行した友人は壁の絵も一対になっていたと言っています。
彼女も壁の絵は撮り損ねたそうですので、お見せできなくて残念。

レストランの人は画家はフィンランド人、絵は猫だと言っていましたが、確かにこの絵は猫ですね。

そっくりだと思いませんか?全体のフォルムだけでなく、特に斜めの線と赤と緑の色使い、胸とお尻の雲のような模様は色は黒だけど酷似している。偶然似たとしても似過ぎているような気がします。
この絵を描いた人は何処かで東洋の尾張徳川家の犬張り子を見たのかもしれません。
そこからインスピレーションを得たのではないでしょうか。

  KOSMOSの絵            








  
    尾張徳川家の犬張り子 

以前メキシコへ旅行した時も、メキシコ国立人類学博物館に展示されていた、小さい土の像を丹念に見ていたら、映画「スターウォーズ」の「ヨーダ」にそっくりな像と、同じく「パイレーツ・オブ・カリビアン」のタコ船長にそっくりな像がありました。
その時もピンときてしまいました。
絶対に映画のキャラクター担当の人はこの博物館を訪れて、これを見たはずだと。そこからイメージをふくらませてあのキャラクターを作り上げたのではないかと。
たぶん、こんな風に思うのは私だけかもしれませんね〜。
写真撮影はOKでしたので、これは撮ってきていると思います。探してまたの機会にご紹介いたしますね。

JUGEMテーマ:ヨーロッパ

梅を干しました。(梅干しを干しました?)

  • 2015.07.29 Wednesday
  • 12:55
友人宅のお庭にある2本の大きな梅の木は、毎年たくさんの実をつけます。
完熟の梅の実をいただいて、毎年梅干しを作ります。
梅は完熟も完熟!黄色に熟して木から落ちるのを待って、すぐ拾って貯めておいてくださるのです。
皮が薄く、種が小さくとてもいい梅の実です。でも即日漬けないと傷んでしまいますので、作業が夜中になることもあります。
今年は教えて頂いた減塩で漬けてみました。
レシピは梅1kg、塩100g、砂糖1kg、ホワイトリカー1000mlでしたが、
私は粗塩100g、砂糖700g,ウィスキー600mlでした。
真夜中でホワイトリカーが無かったので、手持ちのウィスキーを使ったのです。
ウィスキーの方がアルコール度は高いので、大丈夫だろうと思って。

 心配はカビが出ないかということだけです。無事に水も上がって、上々です。今日干すことができました。下に敷いてあるペーパーはスーパーなどで、お刺身パックの下に敷いてあるドリップを吸収し、鮮度を保つ保鮮シートです。皮がとても薄いのでザルに直接のせるとくっついてしまうのです。                                                                          
     

                  

 赤じその量が少なかったので、オレンジ色ですが、これはこれでいい色です。味は塩辛くない分、少し酸味を強く感じますね。砂糖が入っていますが、甘みは感じません。ちょっとクセになる味です。
 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

キッチンライフ

世界の料理家が創るキッチンライフで紹介中!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ノーベル賞ディナーを味わってきました。
    コンタクト (08/12)
  • ヘルシンキのレストラン[KOSMOS]の絵は尾張徳川家の犬張子にそっくり!
    IH (08/01)
  • 梅を干しました。(梅干しを干しました?)
    IH (08/01)
  • ノーベル賞ディナーを味わってきました。
    工藤 (07/31)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM