にんじんフライ、スナップえんどうフライ

  • 2020.05.18 Monday
  • 22:35

にんじんをフライにしました。

 

にんじんはやわらかくなるまでじっくりと揚げると、本当に美味しくなるのです。

 

にんじんの丸ごとフライを初めて食べたのは、中津川にある友人の息子さんがオーナーシェフの

 

「yama5yaヤマゴヤ」という野菜だけのレストランでです。(旅(国内)2015-11−08ご参照)

 

ここで食べたにんじんフライが本当に甘くて美味しかったので、後日友人に作り方を聞きました。

 

企業秘密というその作り方はとても手間のかかったものでした。

 

今日のように単純に揚げるだけではありませんでした。

 

家庭料理ですから、そこまで手はかけられません。じっくり揚げるだけで充分です。

 

ついでにスナップエンドウも揚げてみました。こちらは食感が素晴らしい!

 

「野菜のフライミックス」

◎にんじん、スナップエンドウ、新ゴボウ、◎ミニトマトなど。

 

パン粉、薄力粉、水、揚げ油

 

ハーブソルト、シーザードレッシングに粉チーズプラスしたソース

 

◎印は緑黄色野菜

 

にんじんは今日のは小さ目だったのでこのように切る。

 

大きいものは4等分する。

 

スナップエンドウは筋を取って、先端を割っておく。

 

袋状のものを揚げるときは、破裂しないように必ず蒸気の逃げ場を作っておく。

 

 

全部の野菜全体に粉をつける。

 


どろどろに溶いた小麦粉(粉30g+水45g)を全部の野菜にまぶす。

 

パン粉をつける。

 

 

低温160℃で揚げはじめ、弱火で5〜6分揚げる。

 

長く揚げるので、温度が高いと真っ黒になってしまう。

 

効率よく揚げるためにニンジンと一緒にゴボウも揚げている、

 

ゴボウの方が早く揚がるので先に取り出す。

 

次にスナップえんどうを揚げる。

 

 

火が通ったかどうかは、竹串を刺してみる。

 

彩りにミニトマトも揚げましたが、皮がずるりとむけて揚げにくいです。

 

ゴボウもついでに揚げましたが、無くてもよい。

 

◎印は緑黄色野菜

 

JUGEMテーマ:おうちごはん

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

キッチンライフ

世界の料理家が創るキッチンライフで紹介中!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM