鳩の巣立ちタ督擦戻ってきました。

  • 2017.07.01 Saturday
  • 18:04

昨日、庭にキジ鳩が1羽いました。見覚えのある羽の模様、首のところのブルーのワンポイントマーク、まぎれもなく巣を作っていた鳩です。突然ヒナとともにいなくなってから1週間、戻ってくれてほっとしました。あの木の近くには行かないけれど、せわしなくちょこちょこ歩き回って、飛び去りました。

 

 

今日も同じ鳩がやってきました。

昨日と同じに歩き回って、やおら尾羽を広げ、羽もちょっと広げて地面にペタッとお腹をくっつけるようにしてじっとしていました。1〜2分間とてもリラックスしているような感じです。この鳩が以前もこういう格好でいるのを見ました。巣で一日中同じ姿勢でいるので、固まってしまった体を伸ばしているのかと思っていましたが、今もやっているのだから、どうやら違うようです。

とにかく親鳥は無事だったので、これに懲りずにいつかまた、我が家の庭で卵を産んでくれるのを待つことにします。

 

 

 

 

鳩の巣立ちて輿海い覆なりました。

  • 2017.06.26 Monday
  • 23:44

とても残念なお知らせです。

鳩が突然いなくなってしまいました。23日の金曜日の朝、夫がいつものように朝のごあいさつで巣をのぞきに行ったら、空になっていたのです。その前日の17時頃、私がのぞいたときは、親鳥が巣にいました。

ストレスを与えないように、写真もズームで撮るようにして気を遣っていたのです。

この写真はいなくなる前日にとったもので、羽をはばたかせるような仕草もしていました。

 

 

この間に何があったのかわかりませんが、引っ越しは考えられないし、巣立つには早すぎます。

カラスか、蛇にでも襲われたのでしょうか?

親鳥も四六時中巣にいるのではなく、結構いないことが多くなって、ヒナだけになるので狙われたのかもしれません。

 

一日中気になって、注意して巣の周辺を観察していても、親鳥が戻る様子もないです。

日に日に大きくなっていくヒナの成長を楽しみにしていたので、鳩さんロスに陥っています。

 

鳩の巣立ちU朮集絨貊鬼屬呂燭辰討い襦

  • 2017.06.19 Monday
  • 19:41

今朝孵化したと思っていたのは、どうやら間違いで、このヒナの大きさ形から、すでに孵化後数日は立っている様子です。

 

今後の展開はどうなっていくのかと、ネットで調べてみてわかったのです。孵化直後はもっときれいな黄色をしているようで、こんな黒っぽい汚い色ではないようです。ずうっと卵を抱いていると思っていましたが、実は小さなヒナを抱いていたのです。

 

孵化したら卵の殻が下に落ちているだろううし、親鳥は頻繁に飛び立って、餌をとってきてヒナに与えるだろうと思っていたので、じっとしているのは孵化前だと思っていました。

 

鳩は雄も雌も自分の体の中から、ピジョンミルクと言われるものを分泌して、口から与えるので、子供の頃に見ていたツバメの親のように頻繁に飛び回ってエサをとらなくてもいいのです。また、ほとんどヒナのなき声は聞こえない。卵の殻は親鳥がくわえてどこかに捨ててくるので巣の近くにはないのです。こういうことがわかって、巣立ちはおおよそ3週間後くらいになりそうで、とても楽しみです。

 

鳩の巣立ち⊆造孵化していた!

  • 2017.06.19 Monday
  • 15:39

ついに孵りました!

今日昼ごろ、いつものように夫がのぞいて、「鳩がいないぞっ」というので、見に行ったら巣は空でした。ついに私たちをうっとうしがって、警戒して逃げたんだと思いました。悪いことしたと反省。

でも、では中の卵はどうなっているんだろうと思って目を凝らすと、何やら動く気配があるので、脚立を持ってきて中をのぞくとヒナがいました。しかも1羽ではなく2羽いる感じです。

 

無事に孵ったんです。おめでとう!

 

 

これから親鳥が餌を運んでくるのでしょうが、親鳥が警戒しないように毎日はのぞかないようにしましょう。のぞきに行きたがる夫にダメ出しして、そっと見守ります。それにしても鳩のヒナはこんな色をしているんですね。巣立ちが楽しみです。

 

鳩の巣立ち.ジ鳩が巣を作りました。

  • 2017.06.18 Sunday
  • 18:15

庭に鳩が巣を作りました。我が家では一番大きな木の結構低い位置に作られていて、鳩が卵を温めていました。草取りの際に見つけて、夫と巣立ちまで見守ることにしました。

なんでこんなところに巣を作ったの、と思うような無防備な位置ですが、ここがよかったのね、またはここしか無かったのかもね。

鳥が巣を作るのを、不潔だからと嫌がる方もいるようですが、すでに卵を温めている巣を撤去するのは鳥獣保護法違反になるのだそうですよ。

 

 

今日で見つけてから、1週間になります。あとどれほどで卵が孵るかわかりませんが、気になるので毎日そっと見に行っています!

夫は「アイツは俺の顔を覚えたぞ!」と、言っていますが、ほんとかな〜。

誰がのぞいても逃げず、身じろぎせず、瞬きもせず、じっと卵を抱いているのはいじらしい。

 

巣は実に簡単な、とりあえず作りましたみたいな、粗末なものです。時々違う鳩が訪問してくるので、雌雄で交代で温めているらしいです。無事に孵化してくれるように、あまりストレスを与えないようにしないとね!

 

 

 

 

冬はつとめて、雪見障子越しの雪景色。

  • 2017.01.15 Sunday
  • 06:41

冬はつとめて(早朝)、雪の降りたるはいふべきにもあらず。とは、まさに今朝がそうでした。朝早く起きて、家の庭一面の雪景色にびっくりです。

障子を上げて、音の無い、凛とした空気のなかで、しばし静かに陽が昇る前の雪を観賞しました。寒っ。

 

JUGEMテーマ:

自衛隊とコラボでどて煮の炊き出し

  • 2015.08.23 Sunday
  • 22:01
 8月15日、運動公園で恒例のわんさか祭りが行われました。酷暑の今年は暑かったですね。
刈谷商工会議所による「災害時を想定した陸上自衛隊とのどて煮の炊き出し」が行われ、2000人分のどて煮が無料でふるまわれました。私がこのどて煮のレシピを作ったのは4年前で、それを基にして毎年、中王食肉株式会社さんが製造してくださっています。今年も大盛況のうちに無事終了しました。
お一人ずつの盛りを多くして、大サービスしてしまいましたので、早めに終了してしまいました。      

 この大鍋がいくつ分も、次々と空になっていきました。

梅を干しました。(梅干しを干しました?)

  • 2015.07.29 Wednesday
  • 12:55
友人宅のお庭にある2本の大きな梅の木は、毎年たくさんの実をつけます。
完熟の梅の実をいただいて、毎年梅干しを作ります。
梅は完熟も完熟!黄色に熟して木から落ちるのを待って、すぐ拾って貯めておいてくださるのです。
皮が薄く、種が小さくとてもいい梅の実です。でも即日漬けないと傷んでしまいますので、作業が夜中になることもあります。
今年は教えて頂いた減塩で漬けてみました。
レシピは梅1kg、塩100g、砂糖1kg、ホワイトリカー1000mlでしたが、
私は粗塩100g、砂糖700g,ウィスキー600mlでした。
真夜中でホワイトリカーが無かったので、手持ちのウィスキーを使ったのです。
ウィスキーの方がアルコール度は高いので、大丈夫だろうと思って。

 心配はカビが出ないかということだけです。無事に水も上がって、上々です。今日干すことができました。下に敷いてあるペーパーはスーパーなどで、お刺身パックの下に敷いてあるドリップを吸収し、鮮度を保つ保鮮シートです。皮がとても薄いのでザルに直接のせるとくっついてしまうのです。                                                                          
     

                  

 赤じその量が少なかったので、オレンジ色ですが、これはこれでいい色です。味は塩辛くない分、少し酸味を強く感じますね。砂糖が入っていますが、甘みは感じません。ちょっとクセになる味です。
 

竹の子大好き!

  • 2015.04.11 Saturday
  • 17:21
竹の子の季節ですね。
今日たくさんいただいたので、早速ゆでることにしました。竹の子は時間がたつほどアクが強くなるからです。
まず、自家精米機でお米を精米して、ぬかを作りました。我が家は玄米を小さい精米機で三分搗き米にして食べています。

一番大きな鍋を引っ張り出して、一部皮をむいた竹の子に切り目を入れ、水、ぬかを入れて火にかけます。落し蓋をして吹きこぼれない程度の火加減で、根元に竹串が楽に通るくらいまでゆでます。
鮮度がいいのですぐゆであがりました。時間がたつほどゆで時間も長くなります。ゆで汁につけたまま冷まします。
 通常は写真のように皮をむいて、形を整えて、水に入れて冷蔵保存です。
 でも今回は多すぎて、冷蔵庫に入りきらない分は常温で水を替えながら保存することにしました。
 こちらから料理に使っていけばいいので、大丈夫です。
 水の濁りに注意して、1日2〜3回水を替えた方がよさそうです。

 今夜は竹の子ご飯とお刺身で頂きます。この食感と香りは今しか味わえません。
 明日から毎日食べられてうれしい!



 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

キッチンライフ

世界の料理家が創るキッチンライフで紹介中!

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM